企業情報

都市開発版の本格運用で、マンションでは全国初の認定

「(仮称)吹田千里丘計画」が「社会・環境貢献緑地」の認定を取得

2011.06.28

当社、株式会社大京(本社:東京都渋谷区、社長:山口陽)、東京建物株式会社(本社:東京都中央区、社長:畑中誠)、関電不動産株式会社(本社:大阪市北区、社長:篠丸康夫)、株式会社長谷工コーポレーション(本社:東京都港区、社長、大栗育夫)が大阪府吹田市で共同開発を進めている「(仮称)吹田千里丘計画」は、このたび、財団法人都市緑化機構が運用する「社会・環境貢献緑化評価システム(SEGES※・シージェス)において「緑の保全・創出により社会・環境に貢献する開発事業(都市開発版SEGES)」に認定されました。

 

「都市開発版SEGES」は都市開発の際に緑を保全・創出する優良な計画を評価するもので、2010年より本格運用を開始し、マンション事業としては全国で初の認定となります。

 

※SEGES=Sociai and Environmental Green Evaluation System

 

■概要

当プロジェクトは、千里丘の原風景を未来に残すという発想の「森緑都市」をコンセプトに、「緑との共存」を目指し、毎日放送千里丘放送センターの跡地約13haの敷地を得て誕生する総戸数1,000戸を超える大規模物件です。今回認定された対象敷地は、保存緑地をはじめ提供公園や計画緑地等、約5.1ha(緑地率約40%)に及ぶ緑地の中に、東西2街区で構成された13棟の住棟と共用棟を配した計画となっています。

 

 

■今回の評価のポイント

緑の保全・創出への積極的な取り組みとして、以下のポイントが高く評価されました。

 

1. この土地に潜在する風景の再生をコンセプトに、既存樹を最大限に生かした緑豊かな景観を創出 
  ・地域に親しまれた桜並木 
  ・景観樹として印象深い約25mのメタセコイア 
  ・愛称「ミリカ」の由来となったヤマモモ 等 

         

植栽完成予想図 (計画中のものであり今後変更されることがあります)

 

2.  環境アセスメント調査を踏まえ、多様な生物の生息域となり、地域の緑と繋がる一体感ある植栽計画 
   
3.  敷地を貫く通り抜け空間は、森の中の小径を想わせる構成とし、人々が自然に触れ合い憩える場として広く地域にも提供 
   
4.  沿道に四季折々の草花、薫り・実りのある樹種、せせらぎ等を配し、自然の効用を五感で感じられるデザイン 
   
5.  緑地を活用した様々なイベントも検討し、自然の素晴らしさを体感することで、良好な地域コミュニティが形成されることを目指す

 

 

■「吹田千里丘計画」概要(第1工区)

・所在地  :  大阪府吹田市千里丘北 
・敷地面積  :  27,798.73㎡ 
・規模  :  地上15階・地下1階 
・総戸数  :  633戸(住戸) 

 ※計画中のものであり今後変更されることがあります。

 

 

※都市開発版SEGES(シージェス:社会・環境貢献緑化評価システム)詳細については、こちらをご覧下さい(PDF、441kb) PDFファイル