企業情報

うめきた(大阪駅北地区)先行開発区域プロジェクト

施設名称ならびにロゴマーク決定のお知らせ

2011.04.21

2013年春の竣工に向けて建設工事中のうめきた(大阪駅北地区)先行開発区域プロジェクトの開発事業者12社(当社、NTT都市開発株式会社、株式会社大林組、オリックス不動産株式会社、関電不動産株式会社、住友信託銀行株式会社、積水ハウス株式会社、株式会社竹中工務店、東京建物株式会社、日本土地建物株式会社、阪急電鉄株式会社、三菱地所株式会社)は、本プロジェクト全体の施設名称を「グランフロント大阪(GRAND FRONT OSAKA)」に決定し、併せてグランフロント大阪のロゴマークを開発しましたので、お知らせ致します。

   

「グランフロント大阪」という名称には、大阪の新しい玄関口にふさわしい「世界に開かれた最前線のまちであり続けたい」という思いが込められています。

 

多様な人々や感動との出会いで、新しいアイディアを生み出し、明日を拓く魅力あふれるまちを目指します。

 

ロゴマークは、4つのタワーと施設を包む水と緑の自然環境をモチーフにしています。奥行きを感じさせながら一体となって伸びるラインは、このまちの先進性、創造性、将来性を表現しデザイン化しております。

 

尚、施設名称の決定を踏まえ、うめきた(大阪駅北地区)先行開発区域プロジェクトの多様な情報を発信する公式サイト(http://www.grandfront-osaka.jp/)を本日大幅リニューアルしております。

 

以上

計画の概要・特徴はこちらをご参照下さい(PDF 1,750kb) PDFファイル