企業情報

六本木が"もっと新しく、もっと身近に"なる
ダイニングビル『六門(ROCMON ロクモン)』11月30日オープン

2006.10.05

 当社は、六本木交差点至近に、地上7階地下1階からなる飲食店を集積した都心型商業ビル『六門(ROCMON ロクモン)』を来る平成18年11月30日(木)にグランドオープンします。

 『六門(ROCMON ロクモン:以下「六門」)』という名称は、六本木交差点至近という立地特性から"六本木の新しい食の入口(=フードゲート)"として気軽に利用していただきたいという願いからネーミングしました。メインターゲットは六本木を拠点とするオフィスワーカーや、六本木でショッピングなどを楽しむ大人の女性です。日常的に繰り返し利用できる使い勝手の良さと、六本木の魅力でもある洗練されながらもカジュアルなセンス、そしてホスピタリティ性を併せ持つ9つの飲食店を集めたダイニングビルです。

 近年の相次ぐ企業進出・商業施設の誕生により、六本木は常に進化を続ける国際的にも注目を集めているエリアとなっています。来街者とオフィスワーカーが増え続け、食ニーズの多様化が進む一方で、このエリアが持つ雑多で繁華的なイメージに、立ち寄りにくさを感じてしまう六本木ビギナーも少なくありません。このような状況を踏まえ、『六門』は"もっと新しく、もっと身近に"をテーマに従来の六本木が持つ「立ち寄りにくさ」を払拭し、六本木ビギナーからリピーターまでの多様なニーズに応えるべく誕生します。六本木駅から徒歩1分。待ち合わせのメッカ「アマンド」の至近に位置する『六門』はまさに新しい六本木スタイルの"フードゲート"となります。

 『六門』の出店店舗は、全てが六本木エリア初進出となる選りすぐられた9店舗からなり、それぞれが新しい六本木にふさわしい、独自のスタイルを提供します。なかでも旅行情報を発信するカフェとして、そのユニークな業態が話題を呼んでいる「トラベルカフェ」は、ニュージーランド政府観光局・ニュージーランド航空とコラボレーションした<カフェ&バー>をオープン。情報感度が高く国際的な六本木エリアのターゲット層に対し、海外情報を発信する非日常的な空間は、六本木の新スポットとなります。また、食通の舌に応える上質で本格的な上海料理を提供する「ロバーツ」や、ケータリングランチがOLに大人気のタコス専門店による、手作りメキシコ料理レストラン「ロザリオ」が六本木エリアに初出店するなど、選りすぐられた個性豊かな全9店舗が六本木の食ニーズに応えるべく登場します。六本木の夜長はもちろん、気のおけない仲間とのアフターファイブなど様々な場面に合わせて店舗を選べる空間になっています。
 六本木の入口、活気あふれる『六門』の誕生に、ご期待ください。

 
【店舗紹介】
ケータリングランチで大人気のタコス専門店が満を持して六本木エリアでレストランをオープン

◆地下1階 メキシカンダイニング ロザリオ<メキシカンダイニング>

輸入の冷凍トルティーヤを一切使わず、手打ちのトルティーヤで作り上げられたタコスなど、とことん手作りにこだわったメキシカン・ダイニング。メキシコの雰囲気が感じられるカジュアルな空間で、六本木エリアに集う女性の皆様にご満足いただけるメキシコ料理をご提供いたします。厳選したテキーラベースのマルガリータ片手に、自慢の手焼きのトルティーヤをほお張る幸せをぜひ味わって下さい。

出店:株式会社 フォワード・ジャパン
http://www.tacoderio.com/

『ロザリオ』イメージ
国際色豊かな六本木から、ニュージーランド情報を発信

◆1階 ニュージーランド トラベルカフェ 六本木<カフェ&バー>

旅をコンセプトに「ファーストクラスラウンジ」、「豪華客船」など、店舗ごとに異なるテーマで旅行情報を提供し、ユニークな展開をしているトラベルカフェが選んだ今回のテーマは「ニュージーランド」!政府観光局・ニュージーランド航空とのコラボレーションにより、ニュージーランドのさまざまな情報を発信。ニュージーランドをイメージした数々のメニューを楽しみながら、気軽に情報を得る事ができる場を提供します。多くの外国人や海外に高い関心を持つ人々が集まる六本木の特性を活かし、新しい国際文化の発信基地を目指します。モダン&ベーシックを基調とした店舗デザインと、海外より調達した家具・食器が本物の感覚を演出。あたかも現地にいるような時間をお楽しみ下さい。

出店:株式会社 トラベルカフェ
http://www.travelcafe.co.jp/

『トラベルカフェ』パースイメージ
モダン&ベーシックなデザインで明るく入りやすい店内
六本木で、日本伝統の江戸前寿司を楽しむ

◆1階 麻布 いさご鮨<鮨専門店>

新鮮な素材に、煮る、蒸す、炙る、〆るなどの一手間を加えた「江戸前鮨」、斬新なアイデアと工夫で創り上げる「オリジナルスシ」をリーズナブルに楽しめる『麻布いさご鮨』。トロや穴子など江戸前ネタはもちろん、焼きエリンギやオクラなどヘルシーな野菜の握り、素材の旨みをさらに引き出す炙り握り、遠く太平洋を渡ってきたロールスシなどを、50種類を超える豊富なお酒と共にご提供します。『麻布いさご鮨』は、スローフードの理念を基本に、安全な食材選びと、伝統に裏づけされた技と粋、そして温かみのある「和」の空間作りを目指しています。鮮度感あふれるカウンターを囲んで3タイプの客席で構成。本物の味を気軽にご賞味下さい。

出店:株式会社 壽司岩
http://www.isago.jp/

『麻布いさご鮨』パースイメージ
温かみのある「和」の空間
アメリカをはじめ20カ国・1000店舗以上で親しまれる、世界最大級のステーキハウス

◆2階 アウトバックステーキハウス<カジュアルダイニングレストラン>


『アウトバックステーキハウス』店内パースイメージ
オーストラリア開拓時代をテーマに、ブーメランやアボリジニアートで開放感ある空間を演出

オーストラリアの開拓時代を現代風に進化させた店内で、バリエーション豊かな肉厚ステーキはもちろんのこと、人気の"ブルーミン・オニオン"やBBQリブなど、他にはないユニークな料理を本場同様のボリュームでご提供します。メインダイニングには、プライベートな空間でゆっくり過ごしていただくためにボックス席も設置。また、存在感たっぷりのバーカウンターがあり、お食事だけでなく、気軽に立ち寄れるバースポットとしてもお楽しみいただけます。『アウトバックステーキハウス』は、目的に応じて自由自在にご利用いただけるカジュアルダイニングです。

出店:株式会社 アウトバックステ-キハウスジャパン
http://www.outbacksteakhouse.co.jp/

 

目と舌で楽しめる、美食のレストラン

◆3階 美食 米門<和食>

"旨いものと美味しい酒"をテーマに、肉や魚から水まで徹底して産地直送にこだわった和食を提供する『美食 米門』が、六本木に相応しい非日常性と大人の雰囲気をまとってオープンします。店舗中央の六角形のアイスベッドカウンターを取り囲むようにテーブル席を配置した店内は、さながらキッチンスタジアム(食の競技場)のよう。職人シェフが美食食材と格闘しているように演出された調理風景をライブ感覚で観ながら、料理が完成するまでの時間も楽しんでいただけます。目で観て、舌で味わう。五感を震撼させる究極の和食レストランです。

出店:株式会社 フードスコープ
http://www.foodscope.com/

『美食 米門』店内パースイメージ
こだわりの製法と素材で本物の味が女性に人気の鶏料理専門店

◆4階 鳥良<鶏料理専門店>

女性に高い人気を誇る鶏料理専門店がついに六本木エリアに初出店。名古屋の手羽先をいち早く関東に紹介し、「手羽先専門店」の火つけ役となった看板メニュー「秘伝・手羽先唐揚」は、生後1ヵ月のひな鶏の手羽のみを使用。十数種のスパイスと1ヵ月寝かせた秘伝だれで味付けし、独自の揚げ方で仕上げた逸品です。その他、一品料理も手づくりのこだわりの味をリーズナブルな価格で提供する点も人気の理由の1つ。深夜まで営業しているので、デートや仲間との語らいの〆の場にもピッタリです。

出店:サムカワフードプランニング株式会社
http://www.samukawa.co.jp/

『鳥良』店内イメージ
上質な本格上海料理がいよいよ六本木に登場

◆5階 ROBERT'S(ロバーツ)<上海家庭料理>

「美食酒家ちゃんと」をはじめ有名飲食店をチェーン展開する(株)ちゃんとの社長がほれ込んだ、本格上海家庭料理店『ロバーツ』が、(株)ちゃんとプロデュースのもと、グレードアップして六本木に登場。店内は数々の個性的なレストランやバーを手掛けてきた人気デザイナー、森田恭通によって古き良き時代の上海の邸宅が再現されたデザインになっています。六本木という大都会の真ん中にいながら、上海で食事をしているような気分にさせてくれる落ち着いた雰囲気の店内で、お墨付きの本格上海料理をお楽しみいただけます。

出店:株式会社 ちゃんと
http://www.chanto.com/

『ロバーツ』店内イメージパース
古き良き時代の上海の邸宅を再現
仕事を頑張った自分に、隠れ家ダイニングで贅沢な時間のご褒美を

◆6階 PRIVATE DINING 点(TOMORU)<和・洋創作ダイニング>

「世界各国の味と和」を融合させ、旬の素材を彩りよくヘルシーに仕上げたオリジナルフードと、選び抜かれた自慢のお酒を提供する『点(TOMORU)』が六本木エリアに初出店。内装はクラシックモダンな昭和初期の邸宅をイメージ。豪華で落ち着いた空間は、個性溢れる様々なゾーンで構成されており、何度訪れても新しい驚きを感じられます。プライベートが重視された心地よい空間で、大人だけに許された贅沢な時間をお楽しみ下さい。

出店:株式会社 サッポロライオン
http://www.rasinban-za.com/

『点(TOMORU)』店内イメージパース
六本木に集う食通たちを満足させる、厳選素材を活用した料理を提供

◆7階 Dynamic Kitchen & Bar 響<ダイニングバー>

落ち着いた空間と上品な料理で大人の食通に人気の『響』が、9店舗目となる六本木店をオープン。"料理の出来、不出来は素材が九割"という信念を掲げ、徹底的に素材にこだわる『響』の料理には、「今月の旬菜」のほか、「特撰 本日の刺身盛り」など、常にその季節の旬の素材を味わえる工夫が施されています。料理人と素材の生産者の信頼関係から生み出される珠玉の逸品をぜひその舌でお楽しみ下さい。

出店:株式会社 ダイナック
http://www.dynac-japan.com/hibiki/

『響』店内イメージ
【『六門 (ROCMON ロクモン)』施設概要】
・開業日 2006年11月30日(木)
・所在地 東京都港区六本木6丁目1番3号(予定)
・交通 東京メトロ日比谷線「六本木」駅
都営地下鉄大江戸線「六本木」駅
3番出口より徒歩1分
・店舗数 9店舗
・事業主 株式会社 新日鉄都市開発
・設計・監理 株式会社 東急設計コンサルタント
・施工 東急建設株式会社
・敷地面積 492.77m2
・延床面積 2973.15m2

『六門(ROCMON ロクモン)』イメージパース

『六門(ROCMON ロクモン)』マップ

『六門(ROCMON ロクモン)』ロゴ
以上