企業情報

大阪駅北地区先行開発区域/Bブロック開発事業者予定者に正式決定

2006.07.05

 当社は、独立行政法人都市再生機構と独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構が本年2月より実施してきました「大阪駅北地区先行開発区域A・B・Cブロック開発事業者募集」におけるBブロック開発事業者募集に申込みをおこない、オリックス・リアルエステート株式会社を代表とするグループの一員として開発事業予定者に決定し、昨日、独立行政法人都市再生機構との間で土地譲渡予約契約書を締結いたしました。
 Bブロックは、土地利用方針「ナレッジ・キャピタル(知的創造拠点)ゾーン」に基づき、ロボットテクノロジー、IT・デジタルなど最先端技術の研究拠点や教育機関、オフィスなどを整備し、2011年に開業する計画となっております。
 当社は、本プロジェクトを「芝浦アイランドプロジェクト」、「霞が関R7プロジェクト」に続く公的セクターと共同で行う基幹プロジェクトと位置付け、持続的発展を実現する先進的なまちづくり運営に向けて、数々の新しい取り組みを行ってまいります。
大阪北ヤード全景
Bブロック全体イメージ図
【本事業の概要(先行開発区域内 Bブロック)】
所在地
大阪市北区大深町
交 通
JR大阪駅から徒歩4分
対象土地
大阪駅北大深東地区土地区画整理事業施行区域内
<建築概要>
敷地面積
約15,000m2
建築面積(建ぺい率)
約11,800m2(約79%)
容積対象延床面積(容積率)
約150,000m2(約1,000%)
ナレッジ・キャピタル 約48,300m2
商業施設 約27,400m2
業務施設 約74,300m2
構造・規模
SRC造・RC造・S造 地上38階、地下3階
建築概要は事業企画提案内容であり今後、募集主催者との協議等により一部変更される場合があります。
以上