企業情報

オフィスビル向け エネルギーの見える化システム導入について

2012.07.18

興和不動産株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:成川 哲夫)は、2012年7月より、自社で保有及び管理する全国のオフィスビル約50拠点において、WEBによるエネルギー使用量の見える化システムを導入いたします。
今回導入する"エネルギー使用量の見える化"システムは、日本ファシリティ・ソリューション株式会社の提供する「@Energy(アットエナジー)」(※1)を基盤に、当社独自のビル管理システム「興和BMS(ビルマネジメントシステム)」を連携させたもので、エネルギーの使用量及びCO2排出量の一元管理機能を有するASPサービス(※2)です。導入された物件に入居頂いているテナント企業は、同システムを利用することでいつでも簡易にエネルギーの使用量等を過去の履歴含めて閲覧でき、簡単な操作でデータ出力も可能です。また「品川インターシティ」をはじめとする10拠点には、昨今の節電対策を鑑み、より高次なリアルタイムでの消費エネルギー監視システムを順次導入します。
環境負荷の低減を図るための法令対応を容易にするとともに、消費エネルギーの削減に向けた啓発につなげて参ります。

※1  「@Energy(アットエナジー)」 参照URL:http://www.j-facility.com/eegm5/energy.html
※2 ASPサービス:(Application Service Providerの略称。主にWebブラウザーからASP事業者のサーバにインストールされたアプリケーションを利用するもの。

 詳細はこちらをご覧ください