企業情報

「連結子会社の吸収合併に関するお知らせ」

2009.04.25

興和不動産株式会社(東京都港区、社長:名倉三喜男、以下「興和不動産」)は、連結子会社である興和品川開発株式会社(以下「興和品川開発」)を2009年4月25日付け(合併効力発生日)にて吸収合併いたしましたので、お知らせいたします。

  1. 吸収合併の目的

    興和不動産グループの代表的な賃貸オフィスビルであります「品川インターシティ」の過半を所有する興和品川開発を吸収合併することにより、興和不動産本体の安定的賃貸収入の増強を図ると同時に、興和不動産グループのビルポートフォリオの更なる効率的一体管理の実現を図ることを目的として、同社を吸収合併することといたしました。

  2. 興和品川開発の概要

    (1)本社所在地

    東京都港区南青山一丁目15番5号

    (2)事業内容

    「品川インターシティ」の保有賃貸

    (3)設立

    1994年10月13日

    (4)資本金

    25,025百万円

    (5)代表者

    成川 哲夫

    (6)株主(2009年4月25日現在)

    興和不動産 550,000株(100%)

    ※「品川インターシティ」の概要
    (所在)東京都港区港南2丁目(一部品川区)
    (竣工)1998年11月
    (敷地面積)35,564m2 
    (総延床面積)337,119㎡(内オフィス243,944m2

  3. 合併の要旨
    1. 合併方式

      興和不動産を存続会社とする吸収合併とし、興和品川開発は解散いたします。

    2. 合併比率

      興和品川開発は興和不動産の完全子会社であるため、本件合併による新株式の発行及び資本金の増加はございません。

    3. その他

      本件合併は、興和品川開発においては会社法第784条第1項の規定に基づく略式合併、興和不動産においては会社法第796条第3項の規定に基づく簡易合併の要件を満たすため、共に株主総会の承認を経ずに実施いたしております。