企業情報

南麻布で高級賃貸住宅「KARA BLANC」が竣工

2007.10.01

2007年9月28日、南麻布三丁目有限会社(事業者)及び興和不動産株式会社(業務受託者)は、東京都港区南麻布三丁目において高級賃貸住宅「KARA BLANC」(キャラ ブラン)を竣工しました。

「KARA BLANC」は、高級賃貸住宅事業のパイオニアとして40年以上の経験を有する興和不動産が、刻々と移り変わる現代のマーケットへ向けて登場させた新シリーズ物件です。「時間・空間を超えた本物の価値」(時間の経過が劣化につながらない不変的な価値、ボーダーレス化が進む世界にあっての普遍的な価値)を追求したチャレンジングなプロジェクトです。

<物件の特長>

  • 多くの大使館が点在する国際色豊かな雰囲気の高級住宅地南麻布エリアの中でも、有栖川宮記念公園に至近の非常に恵まれた立地。顧客としては、主に外資系企業のトップや各国大使クラスを想定しています。
  • デザインの基本コンセプトに「Dignity&Elegance」を据えました。外観には白磁器をモチーフにした  磁器タイルを採用し、瓦調の風合いを出した外周部を囲う黒い擁壁と合わせてモノトーンのシック で粋なスタイルを表現。また木調の窓ルーバーがアクセントとして外観に柔らか味を与えており、 ルーフバルコニー端部のたっぷりした植栽と合わせて、緑豊かな周辺環境とよくマッチしておりま す。設計は株式会社大林組。
  • イタリア・ローマに本拠を置き活躍中の岩切茂氏(株式会社TEAM IWAKIRI JAPAN)を正面エントラ ンスインテリアのデザインに起用。シンメトリーを崩し、高さと低さ、広さと狭さを敢えて設けた 「Perfect Imbalance」、日本のバランス感覚を表現した空間となっています。
  • 1住戸の平均面積は250m2超、フラット2.7m以上を確保した天井高(全住戸のLivingDining)と世界 のエグゼクティブに相応しいサイズの住空間を実現。欧米のライフスタイルに沿った間取り、最高 級システムキッチン&アプライアンスを装備した水周り等大きな満足感をお約束する仕様です。  また地下1階に全住戸に対し平面駐車場1台(一部住戸は2台)、トランクルームを用意しています。
  • 地震国日本に来た方も安心の免震構造、セコムによるセキュリティシステム、そして24時間365 日英語対応可能なスタッフが常駐する管理体制、「KARA BLANC」は防犯、防災に対する備えに万全を期しています。

<「KARA BLANC」のネーミングについて>
「KARA BLANC」は、シリーズ名称「KARA」(キャラ)と物件名称「BLANC」(ブラン)とで構成さ れています。「日本の品格を表現する」言葉、文化の結晶として価値のある、伝統美の象徴として 力のある言葉を模索し、出会ったものです。

【参考】

「KARA」:比類なき芳香が人々に深い安らぎを与える香木。中でも特に香りが優れた最高級 品は「伽羅」と呼ばれ、古来広く愛され珍重されてきました。「伽羅」は高貴な香り や貴重さから転じて、「極上のもの」を意味する言葉にもなっています。 またKowa Arisugawa Residential Apartmentsの頭文字でもあります。

「BLANC」:建物外壁に白い磁器タイルを採用。その佇まいは、日本の伝統美の中でも凛とし た美しさを誇る「白磁」を感じさせるものとなります。白磁のイメージ、白のイメ ージをフランス語の白、「BLANC」という一言に凝縮しました。

<物件概要>
所在地 東京都港区南麻布3-5-41
構造・規模 鉄筋コンクリート造『免震構造』 地上6階/地下1階
敷地面積 約2,966.12m2
延床面積 約10,327.56m2
戸数・間取り 25戸(うち3戸メゾネット) 全戸4BR以上
パーキング 屋内平面駐車場29台/バイク8台
管理運営 24時間有人(英語対応)管理
セキュリティ 非接触型カード対応オートロック 全戸セコムホームセキュリティ設置
設計 株式会社大林組
エントランスインテリア
デザイン協力
株式会社TEAM  IWAKIRI JAPAN
施工 株式会社大林組
工期 2006年6月2日 ~ 2007年9月28日
「KARA BLANC」南面外観写真
karablanc.jpg
「KARA BLANC」ロゴマーク
kara_logo.gif