企業情報

江東区初のエコキュート採用超高層オール電化マンションの供給を開始【キャナルファーストタワー】

2005.09.29

丸紅株式会社
興和不動産株式会社
株式会社アーバンコーポレイション

丸紅株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 勝俣 宣夫)・興和不動産株式会社(本社:東京都港区、取締役社長 名倉 三喜男)・株式会社アーバンコーポレイション(本社:広島市、代表取締役社長 房園 博行)は、東京都江東区東雲1丁目所在の「東雲キャナルコート」地区内において、新築分譲マンション【キャナルファーストタワー】の供給を開始します。本プロジェクトが建設される「東雲キャナルコート」地区は、独立行政法人都市再生機構によって約16.4haの開発エリアに約6,000戸の住宅のほか、大規模商業施設(「イオン東雲ショッピングセンター」、開業済み)や運河沿いに美しく整備された都市計画公園(約1.0ha)などが整備された湾岸大規模開発のパイオニアとも言うべき恵まれた環境のエリアです。

地上42階地下2階建・総戸数415戸の【キャナルファーストタワー】は、江東区初のエコキュート採用超高層オール電化マンション(※(株)東京電力調べ)であり、快適性や安全性のみならず環境にも配慮した建物となっています。また、本プロジェクトではNational(松下電工(株)(大阪府門真市))とコラボレートを行うこととしており、マンション内の住設機器を始め、照明やAV空間など先進・快適・環境配慮といったキーワードでの新しい住空間の提案を行うこととしています。

本プロジェクトのメインコンセプトは「Smart LOHAS(Lifestyle of Health and Sustainability)」。都心居住の快適性を享受しながらも、環境や健康にも関心を持つ、そんな最近増えつつある人々やご家族がメインターゲットです。本プロジェクトでは、そんなLOHASスタイルの国内第一人者である浜野安宏氏をライフスタイルアドバイザーに迎え、インテリアデザインや居住者向けサービスメニューでの向上を図っています。また、本プロジェクトのコンセプトにマッチしたイメージキャラクターとして女優・中谷美紀さんを起用しています。

【物件概要】
所在地 東京都江東区東雲1丁目1番16
交通 東京メトロ有楽町線「辰巳」駅より徒歩8分
敷地面積 6,448.16m2
建築面積 2,793.10m2
延床面積 52,416.07m2
構造・規模 鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、地下2階地上42階建塔屋2階
建築確認番号 第BCJ05本建確083(平成17年8月31日付)
総戸数 415戸(他に管理人室、パーティールーム、集会室、フィットネスルーム、
ライブラリー、ゲストルーム(2室)、音楽スタジオ、シアタールーム)
建物完成 平成20年2月予定
建物引渡 平成20年3月予定
販売開始時期 平成18年2月予定
物件HP http://www.shinonome-tower.com/index.html

興和不動産の新築分譲マンションはこちらから