日本語 / English

赤坂インターシティAIR ロゴ

赤坂インターシティAir公式サイト
お問い合わせ・
資料請求
SP用メニューボタン
日本語 / English

開発コンセプト

敷地の中心に
大胆に配置した緑地は
ビジネスへの新たな意欲を
生み出します

緑は、そこに佇むだけで心地よく、安らぐとともに新たな活力をもたらしてくれます。
「赤坂インターシティAIR」は、敷地の中心に緑を抱え、豊かな自然の恩恵を享受できる
憩いと潤いに満ちたワークプレイスとなります。

憩いのワークスポットを創出

多くの樹木と水景が織りなす潤いの緑地空間は、安らぎとともにビジネスの発想を広げる場にもなります。
緑地には、どなたでも利用可能なフリーWi-Fi(無線インターネット環境)を完備します。

季節の移ろいを感じるオフィスラウンジ

地上2階のオフィスエントランスフロアには、広大な緑地を見渡せる開放的なオフィスラウンジを配置。
季節ごとに表情を変える自然の景観を望みながら、お客様とコミュニケーションをはかる場やビジネスへのアイデアを巡らす場として、
多彩に活用できる心地よいスペースとなります。

大街区のシンボルとして
ビジネスと街の成長を牽引

新たな駅前拠点として再開発を推進

赤坂インターシティAIRは、国際戦略総合特別区域の「アジアヘッドクォーター特区」や、都市再生緊急整備地域に位置する再開発事業です。

東京メトロ「溜池山王」駅と円滑に連携した新たな駅前拠点ゾーンとして、業務・商業・住宅が融合した魅力ある複合市街地を形成することを目指しています。

この事業を通じて、土地の集約化や地下鉄連絡通路の新設、細街路の整備を行い、快適な歩行者ネットワークを形成し、充実した緑化を図るとともに、災害時の帰宅困難者の一時避難スペースや非常用電源の確保、防災備蓄倉庫の設置など、防災性の高い街づくりを進めます。
虎ノ門に続く緑道を整備
国際性・多様性に富んだ都市再生拠点として、今後も発展を続ける大街区は、六本木通り、外堀通り、桜田通り、外苑東通りに囲まれた地域です。

「赤坂インターシティAIR」は、この大街区の北側玄関口に位置。ビジネスの成長を支える場としてはもちろん、「赤坂・虎ノ門緑道構想」の西側の起点として人の往来を生む街づくりを進め、大街区の未来をリードします。

周辺エリアの魅力をまとめたエリアブック「good things」
~国際色豊かで良好な住環境を有する、都心では希有なビジネスエリア~

当エリアは1986年のアークヒルズ開業を機に、国内外を代表する企業が集積する国際的なビジネス拠点へと進化。以降、地下鉄開通などの交通インフラ整備とともに大規模開発が進みました。

従来からもつ歴史的・文化的背景と共に、再開発で育まれた豊かな緑によって、国際色豊かで良好な住環境を有する都心でも希有なエリアへと大きく変貌。現在も赤坂インタシティー AIRなど、複数のプロジェクトが進行中です。

当エリアの価値を「Global Neighborhood」と「Urban Green」をテーマに紹介

エリアブックでは、様々な国籍と文化的背景を持った人々が快適でいきいきとした都市生活を営むことができる価値「Global Neighborhood」、および都市では希少な緑豊かな環境「Urban Green」という、二つのテーマで、当エリアが持つ魅力を紹介します。なお、英語版も発行しております。
<エリアブック概要>
名称 good things
発行日 2016年3月30日
対象エリア 赤坂一丁目および六本木一丁目周辺エリア
内容 「見つけて、知って、もっと楽しむ」をコンセプトに制作。お祭りやイベント、各国駐日大使のお薦めスポットや、世界各国の料理が楽しめるレストランなどを集めた「Global Neighborhood」編と、庭のある風景、お散歩コース、桜並木やマルシェなどを集めた「Urban Green」編。2つのテーマからこの街で働く人、暮らす人がおすすめするモノやコトを紹介。
仕様 B5版、全24頁
言語 日本語、英語 ※日英別冊
発行 good things制作委員会
(新日鉄興和不動産株式会社、住友不動産株式会社、森ビル株式会社 ※五十音順)