CROSSTALK
座談会
他ではなく「日鉄興和不動産」という
デベロッパーで、街づくりをしたい。
そして、この会社のさらなる成長に貢献していきたい。
  • KOUSUKE MIYATA 宮田 航佑 中央大学 法学部
  • MIZUKI YAMAMOTO 山本 瑞生 早稲田大学 政治経済学部
  • YOSHIKI HAGIWARA 萩原 良季 早稲田大学 創造理工学部
#01

誰のための開発なのかを
突き詰めている。
これこそが「本物の街づくり」。

  • ― 皆さんはどのような軸を持って就職活動を始めたのですか?

  • 宮田

    私はもともと転勤族でいろいろな街を見てきた経緯から、「街づくり」に興味がありました。加えて大学ではフットサルサークルの代表を務めていたこともあり、「たくさんの人と関わりながら案件を進めていける業界」を軸にして就職活動を始めました。

  • 山本

    私も宮田さんと同じく転勤族で、子どもの頃から何度も転居を重ねるなかで、「住まいや生活環境」が人の価値観形成に大きな影響を与えるということを実感していました。また、大学で公共政策を学び、アルバイトでは飲食店の接客リーダーを務めてきたので、就職に際しては「社会に貢献できる仕事」「チームで協力し主体的に挑戦できる環境」を軸に、デベロッパーや鉄道業界を見ていきました。

  • 萩原

    私は当初から不動産総合デベロッパーに的を絞っていました。というのも、埼玉県のふじみ野市という日本のアウトレットモール発祥の地で生まれ育ち、自分もいつかこのような商業施設をつくりたいと考えていたからです。私は建築学科なので設計の分野に進む選択肢もありましたが、開発の最初から最後まで責任を持って建物と向き合っていけるのはデベロッパーですから。覚悟を持ってこの業界をめざそうと決め、インターンシップに応募したんです。

  • ― 日鉄興和不動産の「街づくり体感ワーク」はためになりましたか?

  • 宮田

    はい。私は街づくり体感ワークを経験したことによって、それまでは漠然としていたデベロッパーの仕事の輪郭を掴むことができました。

  • 山本

    私は街づくり体感ワークの後に実際の事例紹介をしていただくなかで、「誰のための開発なのか」を突き詰めて考えながら、顧客や地域の人々に供する利益の最大化を図っていく姿勢を知り、このような会社に巡り会えた喜びに震えました。これこそ「本物の街づくり」だ、と。

  • 萩原

    まさに山本さんと同じ感想ですね。私は建築を学ぶうえで、ジェイン・ジェイコブスという米国のジャーナリストの「都市は誰がつくり、誰のためにあるのか」という言葉をつねに意識してきたんですが、人々の想いを大切にする日鉄興和不動産の街づくりの姿勢こそジェイコブスの都市論に通じるものであり、この会社ならば自分の学びが活かせるのではないかと思いました。

#02

細部までこだわり抜く。
泥臭く努力する。
他社とは一線を画する文化。

  • ― その後に参加した5Daysインターンシップでは、どんな仕事を体験したのですか?

  • 宮田

    賃貸事業本部で『品川インターシティ』のエリアマネジメントを体験しました。エリアマネジメントとは、所有するビルを含めたエリア全体の価値を向上させる仕事のことで、具体的には『品川インターシティ』のフリースペースで実施する施策の企画立案に取り組んだ他、フローリストから春の装飾提案を受けるコンペにも同席することができました。

  • 山本

    私も宮田君と同じ賃貸事業本部で『赤坂インターシティAIR』のプロパティマネジメントとエリアマネジメントを経験しました。テナントとの契約や入居中対応などに関わるプロパティマネジメントとエリアマネジメントは、業務内容が多様かつ膨大であるにも関わらず、社員の方がわずか30分の会議に対しても、想定される質問を徹底的に調べ上げ、的確な回答をすることで、テナントさんからの信頼を勝ち取っておられる姿が心に残りました。

  • 宮田

    私が印象に残っているのは、社員さんのこだわりの強さですね。例えば、『品川インターシティ』に導入されているキッチンカー。その実現にあたっては、ビルに入居している飲食店との調整にも苦労があったそうですが、このエリアの人々の利便性を高めるために根気強く話し合いを続けた結果、導入できたのだとか。また、イベント開催時には、来場客がコミュニケートしやすいよう「席一つひとつの角度にも気を配っている」と聞き、細部にわたる心遣いとこだわりに感服しましたね。

  • 萩原

    私は住宅事業本部で日鉄興和不動産の泥臭い一面に触れることができました。私が配属された用地部の皆さんは、他のデベロッパーが二の足を踏むような複雑な形の土地も取得して、地権者の方の意を汲みながら良い物件に仕立て上げていました。労を惜しまず、泥臭い勝ち方をしているところが、心底カッコいいと思いました。私も大学の課題などに取り組む際は、他の学生がやらないような泥臭い努力をして結果を残してきたので、日鉄興和不動産のスタンスに親近感を覚えましたね。

  • ― 北九州のフィールドワークで感じたことは?

  • 宮田

    現地では日本製鉄という企業の存在感と、「日鉄」の名のもとに開発を行っているこの会社の影響力の大きさに驚きました。さらに社員の皆さんは、単に美しい街をつくるのではなく、地域の人が住みやすく誇れる街を「共につくり育てている」とも仰っていて、マインドも素晴らしいな、と。

  • 山本

    確かに。北九州では、住民の方々と同じ目線で一緒に考え協議しながら、「一つの街を育てていく開発」が肌で感じられました。あと、地域の人はもちろん、行政や地元企業と日鉄興和不動産の結びつきも強いな、と思いました。

  • 萩原

    その他、マンションのモデルルームには、北九州をテーマにした絵が配された個性的な水回りがありましたよね。担当の方に質問したら、「空間に自分の色を出した」とのお話で。それはおそらく、開発の最初から最後まで一気通貫で担当できる日鉄興和不動産だから成し得た工夫なんだろうと思いました。

  • 宮田

    マンションの外観にも小倉織という地元の織物の模様があしらわれていて、お洒落でしたね。

  • 萩原

    日鉄興和不動産の物件は、どれもオリジナリティがあるんですよね。シリーズ化された画一的なしつらえではなく、担当の方の思いやこだわりを感じます。

  • 山本

    この会社は、物件ごとの差別化が得意という印象がありますね。

  • 宮田

    その土地にマッチした建物が考え抜かれていると感じがします。

#03

日鉄興和不動産でなら、
「唯一無二」がきっとつくれる。

  • ― 皆さんにとって、この5日間はどんな意味を持つ時間でしたか?

  • 山本

    日鉄興和不動産の5Daysインターンシップはまさに、私の就職活動のターニングポイントだったと思います。内定を得ることや就職をすることがゴールではなく、就職をした後にどういうデベロッパーになり、どんな街づくりがしたいのかを深く考え、将来の目標を明確にできた5日間でした。

  • 萩原

    私は5日間で、この会社をめざす意志が固まりました。「地域の人々に寄り添って街をつくる」「他社がやっていないことをやる」「泥臭く努力する」という姿勢など、“日鉄興和不動産らしさ”と“自分らしさ”に共通点を感じたからです。

  • 宮田

    私はインターンシップの期間中、「こんな開発がしたい」という想いを正直にぶつけていたんですが、それに対して社員さんも同じ位の熱量でご自身の想いを返してくれて。「熱い人」が多いところも、この会社に惹かれたポイントですね。

  • 山本

    私は、社員の方たちが人間力を発揮して関係者の心を動かしながら、困難な調整に立ち向かっていた姿が忘れられないですね。

  • ― 日鉄興和不動産に入社したら、どのような仕事に挑みたいですか?

  • 山本

    「日鉄興和不動産と言えば〇〇エリアだ」と誰もが認識する街を自らの手で生み育てたい。そして多くの人々に豊かな暮らしを提供したいと思います。また、自分自身を商品にできるような人間力も養って、「山本さんに任せたい」と言われるデベロッパーを目指したいですね。

  • 萩原

    幼い頃からの自分の夢は「何年経っても魅力的であり続ける商業施設」を開発することなので、いつかはそれに挑戦してみたいですね。日鉄興和不動産には誰もが名前を知っているような商業施設のブランドはありませんが、だからこそ型にはまらずに、それぞれの地域に合わせた「唯一無二」の施設をつくることが可能だと思うんです。

  • 宮田

    私もそう思います。日鉄興和不動産は、真の意味で地域のためになる開発をしている会社。こうした開発の質の高さやこだわりを追求していけば、会社自体もさらに大きくなっていくはず。インターンシップ中も萩原君とそんな話を熱く語り合ったよね。

  • 萩原

    私たちは他のデベロッパーもしっかりと見たうえで、日鉄興和不動産を選びました。私にとってこの会社しかないという確信を持っています。惚れ込んだ会社だから事業の発展にも貢献していきたい。それがもう一つの目標ですね。