修繕・改良の流れ 愛着のあるマンションを活かして再生
マンションは築年を重ねると、建物や設備の物質的老朽化、 社会や生活水準の変化による社会的老朽化を避けられません。 修繕・改良工事によって、これらを克服。マンションを長持ちさせます。
修繕・改良の流れ
計画段階
① 修繕・改良に向けた詳細検討開始
これまでの修繕履歴や不具合箇所の確認と、より詳細な建物状況を把握するための調査を実施します。その調査結果をもとに修繕の緊急度合いと費用を念頭におき、修繕改修の優先順位を検討します。
サポート 新日鉄興和不動産
② 修繕・改良計画案策定
調査結果に基づき、工事範囲・内容をより具体的に検討し、費用とのバランスも考慮し立案します。工事発注の見積りを複数社に依頼するなど、透明性を確保しながら進めます。
サポート 新日鉄興和不動産
③ 総会で決議
理事会は専門委員会(修繕委員会等)からの答申を受けて総会を開催。賛否をはかります。
サポート 新日鉄興和不動産
計画段階 主なQ&A
Q. どのように修繕・改良の検討を進めてよいかわかりません。
Q. 大規模修繕はいつ頃実施するのか。その時、マンションの理事は大変か。何をすれば良いか知りたい。

そのほかのQ&Aはこちらから
実行段階
① 工事着工
工事の内容や規模を踏まえて、住居者や近隣の方々へ説明を行います。工事の進捗状況の広報活動、居住者の意見を受ける窓口設置なども行います。
サポート 新日鉄興和不動産
② 工事終了
理事会や専門委員会などのメンバーによる完了検査を行います。
サポート 新日鉄興和不動産
実行段階 主なQ&A
Q. 大規模修繕をする場合にトラブルになりやすい事は何でしょうか?
Q. 大規模修繕工事について居住者が協力することや気をつけることなどはありますか?

そのほかのQ&Aはこちらから
完了
このページのトップへ