human こだわり抜く人たち

親身な対応で信頼を積み重ねていく 「大西に任せて良かった」と言っていただけるデベロッパーをめざしたい

NAOKI OHNISHI 大西 直樹
営業推進本部 営業推進第三部
profile
2015年入社。社会学部 メディア社会学科卒業。入社後は営業推進本部 不動産営業第一部にて、法人営業・不動産売買仲介業務を担当。2016年4月から組織改編により、営業推進本部 営業推進第三部で不動産売買の仲介業務に従事する。
若くから実力を高め、社会に大きなインパクトを与えたい
地元、品川の街の流れを変えた立役者に惹かれる
ー まず、新日鉄興和不動産に入社を決めた理由を教えてください。

何らかの成果を形に残し、社会的に大きなインパクトを与えられる仕事に携わりたい、と思って就職活動をしていました。20代のうちにビジネスパーソンとしての力量を高めたいとも思っていたので、スケールの大きい仕事ができるデベロッパーや商社を中心に企業研究をしていたんです。そこでたまたま、新日鉄興和不動産が私の生まれ育った品川の開発を支えてきた企業であることを知りました。

ー 品川インターシティですね。

はい、品川インターシティが立ち上がったことで、街がどんどん賑わっていくのを近くで感じていたんです。自分もこんなふうに「街の流れを変えていく仕掛けをしていきたい」と思って、新日鉄興和不動産を強く志望するようになりました。それと、実際に現場の先輩社員を話してみると、話の端々から伝わってきたんです、仕事に対する真摯な姿勢やこだわり、情熱が。自分もここでこの人たちと働きたいと強く感じましたね。

1年目から参画した、新規顧客開拓プロジェクト
富裕層の方々の信頼を得るために日夜猛勉強
ー 入社して、もうすぐ2年。入社前に思い描いた働き方ができていますか。

改めて、新日鉄興和不動産の一員になったことを実感しています。というのも、自分がイメージした通り、最初から本当に仕事を任せてもらえるんです。私は、1年目から、節税対策としての不動産を切り口として、新規顧客開拓をめざす富裕層向けプロジェクトに参加しました。もちろん、最初は売買交渉、各種契約書の作成、不動産調査、提案営業など未知のことばかり。お客様に納得して不動産を購入していただくために、必死に税制や受益権の知識をたたき込みました。お客様は取締役レベルの方々も多く、勉強しても勉強しても安心はできなかった。先輩に同行して物件を紹介するときは、想定質問回答集を準備していましたね。

ー 1年目から、取締役レベルの方と。すごいプレッシャーですね。

担当プロジェクトのお客様の多くは、会社経営者や大地主といった方々。経験豊富で、鋭いご指摘をいただくこともたくさんあります。もちろんお話しするときは、プレッシャーもあります。想定以上の突っ込んだ質問をいただいたときは、かなり戸惑いますよ。でも、用意をしてそれでもわからないときは、そのままお伝えすると決めています。正直に回答し、後日調べてきちんと答えを提示する。分からないことがあっても、こうした真摯な対応の積み重ねでパートナーとして信頼されると思っています。

「取引先を先生だと思え」
各エキスパートと連携して、お客様との信頼を築く
ー 勉強と成長の日々を送られているようですが、
その中でやりがいを感じる瞬間はどんなときですか。

不動産売買仲介は「より良い条件で売却したい売主」と「より良い条件で購入したい買主」を結びつける仕事。両者が満足できる点を探り、成約に漕ぎつけたときの達成感は大きいですね。あと、何十億円規模のお金が動くというダイナミックな意思決定に立ち会えるのも、やりがいの一つです。出会いという意味でも、普段なかなか出会えないような、さまざまな業態・業界のプロとお会いできるので、本当に貴重な経験だと思っています。

ー 大西さんが仕事を進めていくときに大切にしていることは何ですか。

先ほどお話ししたお客様への関わり方は、先輩からもらった「取引先を先生だと思え」というアドバイスを参考にしています。この言葉が、お客様との関係性を見直すきっかけになりました。大切なのは、一人で全部を完璧にやろうとすることではなくて、たくさんの人にさまざまなことを教わりながら、一つひとつに親身に対応し、信頼関係を築いていくこと。最終的にお客様の疑問に万全な回答を用意できるように、各領域のエキスパートとのつながりを大事にしながら、「大西に任せて良かった」と言っていただけるようになりたいですね。

私のこだわり
ON編

少しリッチなビジネスアイテムを購入するのが楽しみです。接するお客様がパリッとした身なりをされているので、こちらも良い印象を与えられるよう、身だしなみには気を遣っています。ペンやノートのカバーなどアイテム一つ一つも、信頼感のあるものを選ぶようになりました。

OFF編

インテリアが好きで、休日にはよくインテリアショップに足を運びます。シックな空間が落ち着くのでウォールナット素材の家具に統一し、照明にもこだわっています。この夏休みは沖縄でダイビングを楽しみました。オンオフのメリハリをつけることで、仕事モードのときに集中できるんです。

赤坂エリア開発
渡邊 郁 ビル事業本部 開発業務部 2010年入社
大川原 俊之 ビル事業本部 都市開発部 2009年入社
ビル事業
田口 大樹 ビル事業本部 運営管理部 2014年度入社
野口 尚希 ビル事業本部 都市再生部 2009年入社
佐藤 琴恵 ビル事業本部 リーシング推進部 2008年入社
吉原 孝 ビル事業本部 営業第一部 2005年入社
住宅事業
和田 浩明 住宅事業本部 開発第二部 2014年入社
安岡 甫 住宅事業本部 用地部 2010年入社
木下 直人 開発企画本部 プロジェクト開発第二部 2008年入社
大島 賢吾 住宅事業本部 マンション再生部 2007年入社
橋本 昌巳 住宅事業本部 関西支店 用地チーム 2005年入社
千種 大介 住宅事業本部 関西支店 開発グループ 2000年入社
賃貸住宅事業
谷川 藍子 賃貸住宅事業本部 賃貸住宅部 2007年入社
髙橋 浩達 賃貸住宅事業本部 賃貸住宅部 2007年入社
地域再生事業
阿部 なつみ 企業不動産開発本部 不動産開発企画部 2015年入社
田中 公浩 社有地・遊休地の開発 2010年入社
不動産所リューション
大西 直樹 営業推進本部 営業推進第三部 2015年入社
金子 太河 営業推進本部 ソリューション推進部 2008年入社
pagetop