core 私たちの芯にあるもの

[これまでの歩み]100年を超える想い 私たち新日鉄興和不動産は、日本有数の金融機関である「みずほグループ」と、日本最大の粗鋼生産量を誇る「新日鉄住金グループ」を母体に持つ総合デベロッパーです。大小さまざまなプロジェクト実績がありますが、100年を超える街づくりへの想いこそが、私たちの一番の実績です。

1900年

1901年

官営八幡製鉄所 操業

img_en01

鉄づくりは、
街づくりでもあった。

製鉄所のある場所には、そこで働く何千人、何万人の人々が集います。その場所に根付き、鉄をつくることはその地に街をつくることでもありました。

1902年

日本興業銀行 設立

金融の力で
日本の未来を築いた。

現在のみずほフィナンシャルグループの前身となる日本興業銀行。日本の重工業を金融面で支え、日本の高度経済成長の基盤をつくり上げました。

1950年

1952年

興和不動産株式会社 創業

金融と不動産を融合させ、
街づくりに新たな価値を。

新しい時代に求められている街づくりを見究め、金融と不動産を融合させた新たな価値を創造するために第一歩を踏み出しました。

1960年

1965年

業界初の外国人向け高級賃貸マンション
「ホーマットインペリアル(港区六本木)」竣工

西洋と東洋を融合させ、
新たなニーズに応えていく。

日本に居留していた外国人エグゼクティブのライフスタイルに合わせて、業界初の試みとして、外国人向けの高級賃貸住宅事業をスタートさせました。

1980年

1986年

純住宅系では全国初、公団分譲住宅建替えマンション
「上目黒小川坂ハイツ(目黒区上目黒)」竣工

建物老朽化という難題に、
解決策を導き出す。

住民たちの要望により、再開発が始まった上目黒小川坂ハイツ。老朽化した建物を再生し、利便性を高めたその開発はさまざまな方面で評価されました。

1990年

1998年

品川駅東口地区開発の先駆けとなる
「品川インターシティ(港区港南)」竣工

大規模都市の
中核を形成する。

大規模都市における開発のモデルケースとして国内外から評価を受ける品川インターシティ。都市の機能を最大限に引き出し、新たな中核を形成しました。

2000年

2007年

日本初のPFI・市街地再開発を複合した
都市再生プロジェクト「霞が関コモンゲート(千代田区霞が関)」竣工

官民共同プロジェクトの
先駆者となる。

文部科学省と会計検査院の建替えと市街地再開発を同時に行った日本初の官民共同プロジェクト、霞が関コモンゲート。業界に新しい開発への取り組み方を掲示しました。

2000年

2012年

新日鉄興和不動産株式会社発足

img_2012

多彩なノウハウを共有し、
日本中に街づくりを広げていく。

都心プライムエリアでの開発や賃貸を中心に事業を展開してきた興和不動産。製鉄所遊休地開発で培ったノウハウを活かし総合的に不動産業務を行ってきた新日鉄都市開発。それぞれが共通して持つ街づくりへの想いを基に手を取り合いました。

2013年

国内最大級の街づくりプロジェクト
『グランフロント大阪(大阪市北区)』が開業

創造拠点という
新たな街の役割を提案する。

JR大阪駅北地区の約7haもの地を複合的に開発し、創造拠点=ナレッジ・キャピタルを設けるなど、豊かな未来生活の創出を目指した新たな取り組みを行いました。

2013年

官民連携による復興公営住宅
『釜石市上中島復興公益住宅(釜石市上中島町)』が竣工

人々の本当に求める
住まいを提供する。

人々の住まい整備の要望に応え、震災後の迅速な竣工を可能する工法を使用しながら、新たな住まいでのコミュニティ醸成を促進する施設を設け、早期復興を支援しました。

2016年

首都圏初の街づくりに挑戦した、
「武蔵浦和SKY&GARDEN(さいたま市南区)」竣工

多世代が交流する
新たなコミュニティを創造する。

首都圏初の『一般ファミリー向け』と『アクティブシニア向け』分譲マンションを一体設置。多世代が共生する新たな街づくりを提案しました。

2017年

人も街も自然につながる大規模複合ビル
「赤坂インターシティAIR(港区赤坂)」竣工予定

国際色豊かな赤坂の街に、
新たなランドマークを生み出す。

霞が関の官庁街に近接し、職住融合の国際色豊かなビジネスエリア「赤坂」。国際戦略総合特別区域の「アジアヘッドクォーター特区」として位置付けられる赤坂に、新たなランドマークを生み出します。

2017年

中規模ハイグレードオフィスビル
「BIZCORE 神保町(千代田区神田小川町)」竣工予定

長年培ってきたノウハウを結集し、
企業活動の本質を追求する。

「BIZCORE」とは、企業活動(BIZ=Business)に資する本質(Core)を追求したオフィスを提供したい、という事業理念を表したブランド名称です。企業が成長し続けるために、オフィスの新たな価値を提案しています。

pagetop