企業情報

総戸数528戸・環境創造型大規模マンション

『ザ・パークハウス 青砥』 販売好調

~2012年5月より第2期販売開始予定~

2012.04.10

当社と三菱地所レジデンスは、総開発面積13,900㎡超、総戸数528戸の環境創造型大規模マンション『ザ・パークハウス青砥』(東京都葛飾区)の開発を推進、2012年5月より第2期販売を予定しております。

 

『ザ・パークハウス青砥』は、都心までダイレクトアクセス・10㎞圏の京成押上線始発・特急停車駅「青砥」駅徒歩13分。街並み整備が進行する青戸六・七丁目地区地区計画エリア内に位置しています。敷地北側には、約4,500㎡、1万本を超える多様な木々や草花に彩られる緑地「ファミリアムフォレスト」を計画。お住まいの方や地域の方の憩いの場となるばかりでなく、かまどスツールの設置や建物内の防災資機材倉庫の設置とマンホールトイレなどの配備により、災害時に備えています。さらに、敷地の東側を流れる中川は、国土交通省「桜づつみモデル事業」に設定されており、一年を通したリバービューの解放感と、春の桜をお楽しみいただけます。

 

本物件は、地元のみならず中広域にお住まいの方にもご来場いただき、「青砥駅の都心への距離と交通利便性」「最多価格帯3,400万円台、東京23区内における値頃感」「東京スカイツリー開業に伴うエリア活性化への期待感」などに魅力を感じるといった反響をいただいております。

また、「災害対応の安心感」「リバーフロントの解放感」「敷地内約4,500㎡に及ぶ緑地スペース」「葛飾医療センターなど街並み整備が進む地区計画エリア」「カフェラウンジやゲストルームなど充実の共用施設」をご評価いただいており、2月の販売開始から第1期で150件を成約、好調に販売が進捗しております。

 

三菱地所レジデンスは、2011年1月の新社発足から、『ザ・パークハウス追浜』 『ザ・パークハウス津田沼』 『ザ・パークハウス新検見川』 『ザ・パークハウス晴海タワーズ クロノレジデンス』など、続々と大規模マンションを供給しているほか、環境にも配慮した付加価値の高い都市型マンションの開発を取り進め、2011年には全国マンション供給戸数第1位(㈱不動産経済研究所調べ)となっております。

 

また、新日鉄都市開発は、城東エリアにおいて大規模マンション『ザ・ミッドランドアベニュー』を販売中であり、都心エリアにおいては、大規模マンション建替え事業『テラス渋谷美竹』 『ザ・神宮前レジデンス』、昨秋、新ブランドコンセプトを発表した都市型マンション「リビオレゾン」シリーズを相次いで発売しております。

 

両社の共同事業としては、2011年竣工の大規模マンション建替えプロジェクト『横濱紅葉坂レジデンス』(総戸数368戸)が好評のうちに完売し、現在、さいたま市武蔵浦和駅再開発エリアにおいて、三菱商事株式会社を含めた3社の共同事業として総戸数776戸の住宅と事務所・店舗の大規模複合再開発事業を推進しております。今後も本物件をはじめ、両社のノウハウを結集した良質な住まい環境を提供してまいります。

 

      
▲現地周辺の中川桜づつみ    ▲『ザ・パークハウス青砥』 外観予想CG 

 

 

【『ザ・パークハウス青砥』 物件概要】

所在地 東京都葛飾区青戸7丁目43番1(地番)
交通 京成本線・押上線「青砥」駅より徒歩13分、
JR常磐線「亀有」駅よりバス約7分、バス停「老健青戸こはるびの里」より徒歩3分
敷地面積 13,945.15㎡
延床面積 51,931.02㎡
構造・規模 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造
地上20階建、塔屋1階建1棟、駐車場棟1棟(鉄骨造)
総戸数 528戸
専有面積 64.95㎡~94.01㎡
間取り 3LDK~4LDK
販売価格 2,718万円~5,178万円 (第1期)
事業主 三菱地所レジデンス株式会社・株式会社新日鉄都市開発
設計・監理 株式会社長谷工コーポレーション 一級建築士事務所
施工 株式会社長谷工コーポレーション
管理形態 管理組合成立後、三菱地所コミュニティ㈱に管理委託
建物完成時期 平成25年6月下旬予定
お引渡し時期 平成25年8月下旬予定
第2期販売開始予定 平成24年5月予定

 

販売状況、購入者属性について、および物件の特徴はこちらをご覧下さい(PDF、1,271kb)