Loading

企業情報

新『大分鐵鋼ビルディング』が竣工

~築44年のビルを最新のオフィスビルに建替え~

2015.12.10 事業・業務 

当社は、2015年2月9日に着工し建設を進めてきた『大分鐵鋼ビルディング』建替え工事がこのたび竣工し、本年12月中に全テナントの移転が完了いたします。

旧『大分鐵鋼ビルディング』は、1971年、新日鐵住金㈱大分製鐵所の操業開始に合わせ製鉄所正門前に竣工したオフィスビルで、以来40有余年にわたり製鉄所取引企業や新日鐵住金グループ企業を中心に、大分市東部地区を代表するオフィス拠点としてご利用いただいてきました。しかしながら、近年、建物設備の老朽化やオフィス機能の陳腐化が顕在化しつつあったことから、現ビルと同一敷地内での建物建替えを決定したものです。

新『大分鐵鋼ビルディング』は、鉄骨造6階建て、建築面積1,103.56㎡(333.82坪)、延床面積5,287.15㎡(1,599.36坪)のオフィスビルで、フリーアクセスフロアや個別空調、専用部別セキュリティシステム等の導入はもちろんのこと、全館にLED照明を採用、大分製鐵所構内との直接専用通信回線を装備するなど、使い勝手や省エネにも配慮した快適かつ機能性に富んだオフィス環境の提供を可能としています。

新ビルの建設は旧ビルの駐車場スペースで行われ、今後は順次旧ビルからのテナントの移転を進めるとともに、12月の当社大分事業所の移転を最後に、2016年1月より旧ビルの解体工事に着手。解体後の敷地については、新ビルの駐車場として再整備の上、2016年12月に全施設が正式稼働となる予定です。 

20151210-1.jpg
新『大分鐵鋼ビルディング』全景

 

20151210-2.jpg 20151210-3.jpg
1F エントランスホール オフィスフロア

 

【新ビル概要】

名称 大分鐵鋼ビルディング(旧名称のまま)
所在地 大分市松原町三丁目1番11号(旧ビル敷地内)
敷地面積 4,908.94㎡(1,484.95坪)
構造規模 鉄骨造6階建て
建築面積 1,103.56㎡( 333.82坪)*駐車場・駐輪場・ゴミ置場は除く
延床面積 5,287.15㎡(1,599.36坪)*駐車場・駐輪場・ゴミ置場は除く
設計会社 梅林建築株式会社 一級建築士事務所
施工会社 梅林建設株式会社 

 

【面積比較表】

  現行ビル 新ビル
敷地面積 4,984.47㎡ 1,483.60坪 4,908.94㎡ 1,484.95坪
建築面積  ― ―  1,103.56㎡ 333.82坪
延床面積 11,538.85㎡ 3,490.50坪 5,287.15㎡ 1,599.36坪
専有面積 7,474.92㎡ 2,261.16坪 3,807.89㎡ 1,151.88坪 

 

【スケジュール】

新ビル建設着工 2015年2月9日
新ビル竣工 2015年10月30日
新ビル開業 2015年11月
旧ビル解体開始 2016年1月
全施設稼働 2016年12月

 

詳細は添付資料(PDF)をご覧ください