TOP > 企業情報 > 事業紹介 > 住宅事業 > 都市再生プロジェクト > 横濱紅葉坂レジデンス

都市再生プロジェクト 横濱紅葉坂レジデンス

外観全景

横浜市内過去最大級の建替えマンション。

1958年に日本住宅公団(現・都市再生機構—UR)により分譲された「花咲団地」(地上4階建て4棟、総戸数88戸)を地上10〜11階建て3棟、共用棟1棟、総戸数368戸の「横濱紅葉坂レジデンス」として再建しました。2011年11月に竣工し、横浜市内で過去最大級の建替えマンションとなっています。赤レンガ調のタイルとガラスが印象的な外観、シンボリックなガス灯など、横浜の歴史と継承すべき美意識や作法を大事にしています。紅葉坂沿いには、紅葉を楽しむ公開空地を設けています。

花咲団地は、築50年を経過し建物の老朽化が進み、社会的に要求される居住水準を満たすことが難しくなりつつありました。また、所有者の高齢化も進み、今後、時間の経過とともに団地の構造的・機能的な再生を図ることはさらに難しくなることが予想されたため、1999年に管理組合を設立し建替えに関する検討が進められました。そして、2006年8月、建替え事業のための事業協力者選定コンペにおいて、新日鉄興和不動産を幹事とする企業グループが選定され事業協力がスタートします。2008年2月には、建替え決議が全員賛成により可決され、同年7月、建替組合設立認可となりました。

【受賞歴】

  • 第56回 神奈川建築コンクール住宅部門〈優秀賞〉

data

  建替え前 建替え後
敷地面積 約8,522m²(登記簿面積) 約12,749m²
延床面積 約5,953m² 約40,349m²
階数・棟数 地上4階×4棟 A棟:地上11階・地下1階
B棟:地上10階
C棟:地上11階
共用棟:地上3階・地下1階
構造 鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造
住戸数 88戸 368戸
間取り 3DK 1LDK~4LDK
各戸専有面積 約45m²(全戸同規模、同一プラン) 約51m² ~ 約118m²
竣工 1958年3月 2011年11月

関連ページ