TOP > 企業情報 > 事業紹介

事業紹介

バランスの取れた事業ポートフォリオ。そして、みずほグループと新日鐵住金グループのバックボーン。

興和不動産と新日鉄都市開発の経営統合で誕生した、新日鉄興和不動産。その一つの特色は、ビル事業と住宅事業を両輪とするバランスの取れた事業ポートフォリオを持つということです。
興和不動産は、1952年の創業以来、都心のプライムエリアを中心に高品質なオフィスビルや大規模な都市開発などの不動産事業を展開し、街づくりに取り組んできました。一方、新日鉄都市開発は、100年を超える製鉄所周辺での街づくりの実績を活かして、住宅事業を中心に市街地再開発、マンション建替えなどの都市再生ビジネスを展開し、独自のノウハウを蓄積してきました。
新日鉄興和不動産が両社から受け継ぐ事業は、街づくりにかかわる、さまざまな分野に及びます。そして、それを物語る多彩で豊富な実績を有しています。

みずほグループと新日鐵住金グループをバックボーンとすること。これも、新日鉄興和不動産の特色です。確かなバックボーンによって盤石な経営基盤が実現したのと同時に、両グループの機能や人材、優良顧客基盤など、有形無形の資産を一体的に活用することで事業展開のさらなる拡大が可能となっています。
興和不動産と新日鉄都市開発は、同じ思いで街づくりに取り組んできました。「ずっと輝く街をつくり出していく」という思い。新日鉄興和不動産でも、この思いを大切にして、新たな実績を築いていきます。